レビトラのいいところ

stress

EDという現象は、なんらかの原因によって血行が悪くなり、性的興奮を感じても性器に血が集まりにくく、勃起しにくい状態であるということです。
場合としては神経系に異常があって、性的興奮を脳へ伝えられないか、脳から血流を良くするように信号を送れないという状態の可能性もありますが、大半は前述のように血流が悪く勃起しにくいことが影響している方が多いのではないでしょうか。
その血行を良くしてくれる働きがあるのがED治療薬です。

その中で今回注目するのは『レビトラ』です。
レビトラの有効成分はバイアグラとは異なりますが、バイアグラ同様、即効性があり、服用から20~30分ほどで効果があらわれます。
効果が出るといっても、性的興奮を受けると、勃起をしやすくするという形で、服用してからずっと勃起しつ続けるというものではありません。効果の出始めが早い代わりに持続性は短めで5時~10時間ほどです。「よし!するぞ!」というタイミングで服用して準備すればいいというわけです。

バイアグラは食事の影響を受けやすかったのですが、その点を改善したのがレビトラです。
とは言え、その効果が反映されるのは、食事の総エネルギーのうち脂肪分が30%以下である場合です。そのため、薬の効果をできるだけあげるためには、やはり空腹時に服用するのがベストと言えます。

また糖尿病の人の場合は、バイアグラよりもレビトラの方が効果が出やすいという統計もあるようです。
バイアグラとは成分が異なるので、バイアグラで効果がなかった際には、レビトラでチャレンジするなど個人差があるので、飲み比べてみるのもいいかと思います。