デメリットもあるのは当然

medicine

レビトラは薬なのでもちろん副作用もあります。
代表的なのはほてりや頭痛が挙げられます。血流が良くなるので納得という感じもしますが、この副作用も決してそこまで強くもなく、「薬が効いてきたな」と感じられるほどのものだそうです。
この他、動悸や鼻づまり、しかしこの症状が長引いたり、下痢、消化不良、光過敏症などの可能性もありますが、そこまで心配するほどの強い症状ではないようですがm、もし仮に副作用が強く出てしまったり、長引くようなら医師に相談も必要かもしれません。

副作用自体はそこまで強くなく、心配の少ない薬と思われてしまいそうですが、注意すべき点はほかにあります。
それは服用してはいけない人がいるということです。
脳梗塞や心筋梗塞になったことがある人や腎臓や肝臓の機能障害がある場合に服用することができないようです。
その他、『硝酸剤』を使用している場合も、急激に血液低下を引き起こしたりする可能性があり、飲み薬だけでなく外用薬などもが危険な可能性があり、この組み合わせも禁忌としています。
アルコールについては少しだけならば、緊張をほぐしリラックス効果も見込めるため、逆にレビトラの効果を上げてくれる可能性があります。

ED治療薬には禁忌が多いため、自分が服用しても問題ないかどうかの自己判断は非常に難しいでしょう。
分量も10mgと20mgもありますし、他の治療薬という選択肢もあります。
安全に利用するためにも、病院を受診し、医師に相談するのがベストと考えられます。